スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰宅時にて


やぶうちです。

帰宅途中の電車内で座って発車待ちをしていると、隻腕の方が私の横に来た。
私が席を譲ろうと「座られますか?」とたずねたところ、その方は「結構です。」と気軽に返してくださった。
そう返事をいただいて、私が下がることでその場は納めたが…、その後、少し考えた。

「もう少し押したほうがよかったのかな?」と。

押し付けてはダメかなとも思ってはいる半面、ひくのが早過ぎたりするのも良くない気がしてならない。

自分と人との間合いはなかなか難しいと感じた帰り道でした。
スポンサーサイト

使いすぎ?


薮内です。

最近、私が愛用している自転車がパンクしました(;_;)。

「使っていればパンクなんて当たり前」といったら当たり前なんだけどタイヤが摩耗して中のチューブが露出していたらしく悪路に入った途端に破裂音とともに「フニャ」って感覚が…。

長く乗ってると、安物でも愛着がわく。

タイヤ交換2回、カゴの交換1回、サドルの交換1回、ブレーキワイヤー交換2回、ブレーキパットの交換1回、チェーンの張り替え1回、パンク修理多数。

使用限界はわからないがいつまで、使ってやれるかな。

モノは大事にしたいです。

5日目・・・初飛行


pi-cyan5day3

おはようございます。ebi☆です。

ピーちゃん、5日目の朝を迎えました。
昨日は、一緒に動物病院にいって健康状態等を確認。
特に問題なし。いたって元気です。

鳥のササミを油を洗って与えていたのですが、
あんまりよくないとのこと。
生きている虫を与えるのが一番と
ミルワームで対応することにしました。

・・・その他、羽虫とのことでしたが
・・・ebi☆は、まったく羽虫がだめです。
・・・本当に、ダメなんです。
・・・どうする!?って感じです。

とりあえず、ミルワームだけでは、栄養疾患になってしまうので
ビタミン剤を処方してもらいました。

本来、動物病院で保護することろを私が世話をしているという事で、
料金は、無料でしてくださいました。
感謝です。

ただ・・・やはり、飛行訓練や餌を取る訓練をしないと
自然に帰しても、餌をとることが出来ずに死んでしまうとの事。

このまま、育てることが良いと伺いましたが・・・
さてはて、このまま育てるにしても
冬を越せるかどうかや、
私の状況からして、仕事に行っている間どうするか・・・等々
問題が山積みです。

でも、やっぱり自然に帰すことが一番と思っているので
どこか、リハビリ施設はないものかと・・・思います。

pi-cyan5day2

そして、今朝、初飛行です。
飛んでいる距離は短いものですが、
いきなり窓辺に置いていたかごからベットまで初飛行。
ちょっと私が驚いた。

pi-cyan5day3

ある程度は、部屋を飛ばせようかとはおもいますが・・・
さてはて、これもどうしたものやら・・・困ったもんだな~
でも、飛ばせないと飛べなくなってしまうし・・・
この辺は、もう、私が部屋の掃除をがんばるしかないですね

インターネットで調べていると
やはり、野鳥を勝手に飼育することは禁じられています。
許可をとる必要があるとか・・・
このへんもしっかりしていないといけないですね。

ハラハラ、ドキドキなこともありますが
いたって元気なことには感謝です。


発見!?


20090625172207
おや?




コロナより

発見!?


20090625171008
雪です。
公園にかわいい花が咲きました。

ポーチュラカ

花言葉は「いつも元気」

向かいのおばちゃんがいつも手入れをしてくれてます。

母は、偉大だ・・・。


こんばんは、ebi☆です。
ひょんなことから母になってます。

その道のりは、私の激しい葛藤の中にありました。

昨日、早朝コンビにバイトの店舗前を掃除中。
段ボールの中に、ツバメの子供を発見。

さてはて、どうしたものやらと空を眺めた。

コンビニの前に、ツバメの巣があることは知っていた。
巣は、空だった・・・。
いやな予感がする・・・。
落ちていたのか・・・状況は、まったくわからない。
でも、ツバメの子供はいる。

ぐったりしていたから、バイト中にあきらめていた。
しかし、帰りに段ボールを覗くと・・・元気になっている。

野鳥です。自然に育っているのです。
いろいろな考えが頭の中を駆け巡る。

・・・何とかできないものかと考えながら

何もせずに帰宅した。

帰ってきてから、インターネットで検索。
やはり、連れて帰るのは誘拐であるとあった。
そりゃそうだ。
でも、コンビニは、駅前。人通りも車も激しく行きかう・・・。
とてもじゃないけど、巣に戻すしかない。

神戸市の野鳥保護課とやらに問い合わせる。
六甲山や国が指定する保護区の鳥なら保護できるが、
市街地は、できないとのこと。
区役所に問い合わせる。
自然のものですから、自然に任せるとのこと。
でも、鬼じゃない、動物病院を紹介された。
動物病院の丁寧なお姉さん。
巣に戻すことができなければ、保護することを勧められる。
でも、その動物病院は、今、保護を担当する病院じゃないからと
違う動物病院を紹介された。
また第2の動物病院に問い合わせる。
いい感じの叔父様の声だった。
巣に戻す。親にまず押し付ける・・・。との回答。

次のバイトまで3時間あった。
コンビニに戻り、巣に戻すことを決意。

コンビニのオーナーやバイトの面々に、
毎年、一匹は落ちて、死んでいる。
巣に戻すなんて無理。

確かに・・・。

・・・・・・・・・さてはて、
・・・・・・・・・私に残された道は、

其の1、そのまま放置。
其の2、連れて帰る

2択に迫られてしまった。

自分でも信じられないが・・・連れて帰ってきてしまった。

どちらが正しかったのかは、やっぱり今でもわからないけれど、
連れて帰ってきてしまったからには、小さな生命。
できる限りの事はやってあげたい。

(↓昨日のピーちゃん(仮)です。名前はつけないことにしました。
でも、呼び名がないと困るのでピーピー鳴くからピーちゃんです。)

pi-cyan4

頼れる動物病院の先生。
手にあまるようなら連れてきてください。保護しますと言ってくれました。
ありがたや~。
とりあえず、餌です。ツバメって何をあげるの?
ミノワールという虫がペットショップに売っているのでピンセットで挟んであげる。

急いで買いに走ります。
次のバイトまで、残り1時間30分。

2~3時間おきにご飯TIME
・・・ど、どうする!?って連れていくしかない。

カメラ屋のバイト先の方々に感謝。
とりあえず、しばらく連れていくことを許してくれました

今日も、ピーちゃん(仮)と出勤でした。
めちゃめちゃ元気です。

私は、心配で眠れず、朝の4時にピーちゃんより早く起きて
動くのを確認するまでじっと待っていました。
それから、ようやく3時間ほど眠って、ピーちゃんの朝ごはん。

pi-cyan1

今朝まで、産毛が残っていまいたが、
その産毛を自分で取って、ワサワサと羽を広げております。
かご(100均のプラスチックかご)からも脱走。

pi-cyan2

当分、ebi☆は、ツバメの育成日記となります。
ツバメ情報の提供をお願いします。

何をあげたらよいのか・・・
どの程度与えればよいのか・・・
室温はどうすればよいのか・・・
睡眠時間はどのようにしてあげたらよいのか・・・
まったくわかりません。

私自身の問題もあります。
バイト先にツバメをつれていくということについてや、
ツバメを連れてきてしまった事や、
小さな生命についての責任や、
なんだか、考えることはテンコモリ・・・

ちなみに私は、今日親指を負傷・・・
餌にササミもよいとのことだったので
私のごはんついでにきざんている最中にザックリ・・・
はぁ~色々あります。

でも、ピーちゃんは今も生きてます。

・・・母は偉大だと思うのであります。







重力ピエール


雪です。

「重力ピエロ」を観てきました!
ズボラな私なので熱いうちに感想のせときます

機会があれば観ようと思っていた映画。機会がやってきました(笑)

伊坂幸太郎さんの話は「アヒルと鴨とコインロッカー」以来で、私の苦手なサスペンスの中に胸にくるメッセージを込めてきます☆

家族の時間を観たのはほんの一部のはずなのに、ずーっとそうであったように感じられて、安心感と満足(満腹?)感でいっぱいです。

「自分自身がこの世でなりたいと思う変化になりなさい」という最後の言葉も素敵です☆

わがままに付き合ってくださったK村さん、本当にありがとうございました。コンサート楽しみにしてます。

山中で遭難のさんちゅう(最中)…


今日わ亀石アキヲです。



先日…




遭難しました。



……

そうなんですか…



とビシッとギャグも決まったところで…



もちろん今こうして皆さんにお会いできるのは、遭難から無事帰還してるわけであります


今回はその遭難先(笑)での出来事をお話会しましたいと思います



その日は体調の急激な変化(後に顎関節症と判明…痛かったんですよ…)のため出勤先から早退しての帰り道、某JRの某塩屋駅でまるで発作の様に飛び下り、町中を散策。


そのまま深き山中まで迷い込んだのでありました


その山は旗降山っという山でした。



ありがたい。



その一言を発したくなるような朝日が山間から射し込み、木々から発生したマイナスイオンは顎の痛みを治してくれるんじゃないかと思えるほど(えぇ、勿論治りませんとも)身体全体で感じとれる…


旗降山…


おじいちゃんおばあちゃんの散歩道「旗降山」

山頂まで約1時間もあれば登れてしまう山「旗降山」



また行きたいなぁ…



神戸市内でマイナスイオンを感じたくなったら皆さんも登ってみては如何ですか?


ただ~し!


登る時はちゃんと準備することです!



さもないと…

また遭難



……

しそうなん…







お後が宜しいようで…。

週末ぶらり一人旅・須磨離宮公園


こんばんは、週末になると、何処かに行きたくなってしまう
ebi☆です。

最近なんやかんやと、何故か・・・神戸風景をお届しております

今日は、自転車に乗って須磨離宮公園に行ってきました。

入園料、大人400円
私的には、400円ってちょっと高くない?って感じでしたが・・・
いやいや、入ってみて正解です

なんやかんやと、盛りだくさんで癒しの時間を過ごすことができます

離宮公園

でも、離宮公園って・・・私、○十年ぶり・・・子供の頃は、何かとイベントで来てたけど
大人になってからは来ていないから、懐かしいのもありますが、

薔薇が綺麗です。
今は、二度目の薔薇が咲いております。
本当は、もう少し早くに来ていれば・・・一度目の薔薇は満開でした。
二度目の薔薇も綺麗です。たくさんの種類の薔薇が植えてあるので
かなりebi☆は、写真を撮りまくってしまいました。

rabu
↑ラブって名前の薔薇。ちょっと素敵な名前ですよね。

pureiga-ru
↑プレイガール…なんだか、すごい名前を付けたもんだ。
  でも、そんな感じがするから不思議ですね。

bara3

bara2

bara

hana

本当に、たくさんの薔薇が咲いてます。
噴水もかなりの癒しなのですが、薔薇の良い香りに包まれるのも良いもんです

写真好きな方には、超おススメスポットですね。
今日も、一眼レフ片手に写真を撮っている方々が多数いらっしゃいました。

家族に、カップルもたくさん来ていて、ここも幸せスポットです。

薔薇もすごく良かったんですけど、菖蒲も良かったですよ☆
syoubu

これから、楽しみになりそうなのは紫陽花ですね☆
ajisai4

ajisai2

本当に、今回は、たくさん写真を撮ってしまいました。

須磨離宮公園。おススメです。
薔薇と菖蒲は、まだもう少し楽しめそうですが・・・早めに行かれる方が良いですね。

夏には、菖蒲園の手前にある蓮が楽しめそうです。
もちろん、噴水のマイナスイオンもおススメです。
夏の暑い時に涼しげですよ~~。

ebi☆の週末神戸ぶらり一人旅。今回も離宮公園で正解



では、皆様、良い週末をおすごしくださいませませ



ブログ設定更新状況 №5


ブログの設定状況を報告します( ..)φメモメモ
毎度、ebi☆です。

平成21年6月20日(土) 神戸 晴れ

梅雨に突入だというのに、晴れが続いております。
今週末はよい天気のようですね・・・来週は、天気が下り坂とのこと。
週末は、皆様どこかにお出かけですかね

ebi☆は、今日もバイトに行っておりましたが・・・
素晴らしく、異例の速さでバイトが終了しました
テンションが上がりまくりです

よい天気なので、午後から、離宮公園あたりに出かけようかと計画中です

さて、今日の早朝から追加しておりましたが、

ついに、羊さんが動き出しました

hituji3


我が、劇団残夢の雪えりこ画伯が描いた「ひつじ」です。
劇団残夢は、『ひつじ』をシンボルとしています。
この絵は、劇団のカードにも白黒で利用させていただいているのですが・・・

このカラーがすごく素敵でいつもカラーで出来たらな・・・と考えておりました

そしたら、ebi☆のゴーストライター殿のおかげで
(この地点でゴーストライターでないですな・・・)
動かすことができました

はじめは、カードに使用している白黒を使って作成する予定でしたが、
なんと、カラーの画像を使って作ることが可能とのこと
うれしいかったですね~
作り方も覚えたので、また、劇団の画伯たちに何かを書いて頂きましょう

ブログの端っこでこっそり動いている予定でしたが・・・
携帯から見れるようにしてほしいとの要望、問い合わせにより、
ちょこっと記事にしてみました。

携帯でも、動いてくれるかしら・・・
無理かしら・・・
どうなんだろう・・・

ブログをはじめて、早くも9か月です。
何も知らないところから始めて、少しは、成長してるかな
まだまだ、わからないことが沢山ありますな~
日々精進でございます。

では、では、
皆様、良い週末をお過ごしくださいませませ


ターミネーター4 1000円で観た!1000円で、オエー。


オサーン1号映画の旅。

へっへっへ。稽古サボって観たぞなもし。
だって「おっさんデー(メンズデーね)」だったもんね。

ダダンダンダダン。
はい。物量仕込み共に超A級のB級アクションでした。

私、これでも劇団の劇作、一応目指すは
「エンターテイメント!」、舞台は「見世物」
が信条!だったりする。
・・内容的に社会派的要素が強すぎて、みんな
なかなかそう解釈してくれないってのが現況の
切磋琢磨途上なんですが(宅間伸ってどこ行ったっけ)。

・・それにしても、最近のハリウッド映画観てると、
(邦画もそうだけど)もう、「面白い」が、
分らんよーになるのよね。

あれっ、これって、「オもろい」んだっけ??
ってなる。

昨年、「ノーカントリー」とか、「ゼアウィルビーブラッド」
なんかはハッキリ「オモロイ!」って言えたんだけど、
アクションとかになると、
ドカドカボカーンバタバタバター死んだ生きたー
ってやってるうちに目が回って気付いたら終わってるのね。

さあ明日から「トランスフォーマー」か。
これがまた「酔う」のよね。
内容じゃなくて画面に・・。
おえー。

幕末ツアー、龍馬とおりょうと、時々慎太郎    


 { 生 ま れ 変 っ て ま た 出 会 う }



そ ん な 夢 の よ う な お 話 な ん て、 、 、



「 命 あ る 世 界 に は ち ゃ ん と あ る ん で す よ 」 と


昔 先 生 に 教 え て も ら っ た 気 が す る 、 、 、







 深い紅葉に包まれた、ある秋のこと、 、 、



京 都     霊 山 護 国 神 社


坂 本      、  中 岡  慎 太 郎  の 墓 に て、 、 、 





 あの龍馬の眠るところへ、 少しでも彼を感じたくて、 お墓参りへ日帰り旅行


山奥にあるため、涼しく、静かな、ひっそりとした空間


そこには、わたしの他、三組の家族が来ていました




 突 然 、一人の若いお母さんが、 


坂本龍馬


「 こ ら っ 、 り ょ う ま っ 、銅 像 の 頭 を 叩 か な い っ ! 」


「 う わ ぁ - -い 」




 す る と 、別のお母さんが、

おりょう



「 り ょ う ち ゃ ん っ 、 あ の 子 り ょ う ま く ん ゆ う ね ん て !

一 緒 に 写 真 撮 ろ っ か ?  記 念 な る よ 」



「 や  だ  」



 そしたらそしたら、また近くにいたもう一人のお母さんが、

中岡慎太郎



「 あ の あ の 、 偶 然 で す ね 、 ア タ シ ん ち の こ の 子 、

し ん た ろ う っ て 、ゆ う ん で す 、 し ん っ 、お い で 」



「 、 、 、 、 、 」





本当に、偶然な出来事でしした、 、 、 いや、、ここではよくあるのかな、 、 、 、 





そんな会話を聞きながら、、、


「 あ 、 龍馬おりょうが 、 目の前にいる 。 まさか 、 生まれ変わっての


夫婦の再開 ? 、 、 、」




と 、 すこ~し不思議 、 ちょっぴりロマンチックな気分にさせてもらいました





帰る前は 、 そこへ来ていた家族みんなと合掌し 、 その時 三人のこの子たちが


龍馬   慎太郎  の墓に向かって手を合わせているうしろ姿が、またなんともいえない



わたしは 、 この子たちに 、


「 若 い 衆 、 日 本 を 変 え な い か ん ぜ よ ! ! ! 」


と 、 ちょっと龍馬ぶって心のなかで、さけんでいる自分にとても優越感を感じていました



 

 現代に生きる人々の魂をいまもなお震わせてくれる、 あの時代 。  



そんな時代を背負い   いい国へ導こうとした多くの偉人たち、 、 、 、



龍 馬  、  西  、   久 保 、  勝 、   岩 倉  、 お 篤 、 、 、 、



その中の一人、龍馬を支えつづけた妻、 おりょうさん 、 、


そんな彼女の性格   言動は当時の女性たちからはきくはみ出していたようで


そこに龍馬は惚れたとか、 、 、



しかし、夫 龍馬亡きあとは 、 寂しさのあまり 毎日毎日 お酒に溺れ 


居酒屋で、 「 龍 馬  ほ ど の 男 は お ら ん っ 」


と   泥酔している姿がよく目撃されています


 そして再婚してからは、晩年までずっと 、


「 私 は 坂 本  龍 馬 の 妻 だ っ た 」  と 語っておられたそうな 、 、 、







あ の 旅 か ら 数 年 、 、 、 、あ ん 子 ら は ど ん な 人 物 に 


な っ た の じ ゃ き  ^ ^








                                             こ ぶ し





今日のおやつ


おやつ

雪でごわす。ごっっつぁんです(-o-)

日本丸・海王丸・銀河丸


こんばんは、ebi☆です。

今日も早くにバイトが終了したので・・・というか、
朝の5時集合で開始が早かったんですけどね・・・でも・・・
こんな天気の良い日に愛車のバイクに乗らなければと・・・
近場の神戸港にお出かけです。

バイク

今、神戸港には、日本丸海王丸銀河丸が停泊しております。
この3隻の船が同時に神戸港に停泊するのは1年半ぶりだそうです。

ebi☆は、日本丸海王丸が大好きです
神戸港がとても華やかになり、帆船のラインは、美しいです

日本丸

西側と東側と移動して、東側・・・ほぼ正面ですが、良い場所を陣取って
1時間ほど眺めておりました。
まだまだ見ていたかったのですが・・・あまりに良い場所を陣取りすぎたので
他の方々に申し訳なく、いたしかたなく移動しました。

土曜日の週末だっただけに、家族づれ、カップル、写真を撮りに来ている人、
私のようにひとりで船を眺めている人・・・さまざまな人たちがきていたので、
なんだか、とっても神戸港には、幸せな空気が流れていました。

日本丸2

来月の3日まで、日本丸海王丸銀河丸3隻が神戸港に停泊しています。
夜には、ライトアップされてとてもきれいみたいです。
これは、これで、また見に行きたいですね…。

ま、また時間があれば見に行くであろうebi☆でございます。
その時には、そっと見守ってやってくださいませませ。





では、皆様、良い週末をお迎えください。







ネコ・ねこ・猫 絵展


ネコ・ねこ・猫 絵展

東野健一さんの個展がModernark pharm cafe(モダナーク・ファームカフェ)
650-0012 神戸市中央区北長狭通3-11-15  TEL: 078-391-3060 FAX: 391-3067
で開催中です。
雪えりこと月光ムンナがお邪魔いたしました。
雪えりこからレポートが届きましたので、さっそくebi☆がブログにUPします。




今日は急遽番外編としまして、
モダナークカフェで
あの絵巻物師(※ポトゥア)東野健一さんの「ネコ・ねこ・猫・絵展」へ~

東野さんが気付いてくれるか心配しながらの訪問でしたが、
着いた早々東野さんご本人に迎えられラッキー

「自分の絵には説明がいるから‥・」と
個展の間はずっといるらしい!

店内にはいくつも東野さんの原画が飾ってあったけど、
すでにいくつか売れてしまっていて、
特にシルク地に絵を刺繍したものは、
本来は何点かが連なって一つの絵だったものが、半分はなくなっていた

東野さん猫

一点一点東野さん自ら説明してくれるという、
なんとも贅沢な東野さん二人占めの時間


昨日発覚したのだが、そもそも東野さんが猫を描きはじめたのは、
月刊誌「まねき猫通信」の表紙を描くようになってらしい。
私は安易に猫が好きなんやなぁと思っていた(笑)

この10月は京都の法然院で20周年の個展&紙芝居をするらしい
今から作品作りにとりかかるとか

楽しみだにゃ
ただ、次回の劇団残夢酒蔵公演も10月‥ハァハァ

ちなみにモダナークカフェでは急ですが、
本日6/12(金)19:30~
「はくさんまさたか と ひがしのけんいち のジョイントライブ」
”ディジュリドゥ吹き“とのコラボイベントがあります

※インドの西ベンガル州の言葉で絵巻物を「ポト」といい、
それを描いたり、話したりする語り部を「ポトゥア」といいます。
日本ではおそらく唯一のポトゥアと言われています。

月光ムンナからの感想が届きましたよ
追加しておきました

 

まず、絵への想いを語る東野さんがホントにすてきでした

ひとつひとつ作品の説明してくれて、より楽しく絵がみれた

なんかね、説明なしで絵をみるのは、とてまもったいない見かたやなと思います

とてもラッキーな時間でした!





東野さん自らの説明・・・う、うらやましすぎる
ebi☆も一緒に行きたかったぞ~
初めてお会いした時は、東野さんが「ポトゥア」をしていた時でした。
なんて、パワーのある存在感のある人なんだろうとおもいました。
お話してみるとすごく空気の良い方で、ebi☆はできることならいつまでも
お話していたい方です。
4月の第九回酒蔵公演に来ていただいた時は、
ebi☆は受付で感激いたしましたありがとうございます。
また、お会いしたいです。・・・14日(日)まで開催中
しかも、いらっしゃるのですね
さぁ、スケジュールをチェックするぜ




Modernark pharm cafe(モダナーク・ファームカフェ)HP参照
http://www.chronicle.co.jp/event/neko.html






ネコ・ねこ・猫 展 東野健一 6月6日(土)~6月14日(日)
※個展期間中、下記イベントを開催いたします。

6月7日(日)19:30 OPEN 20:00 START
歌う講師 “藤田なにぬねこ”氏による講演「のらねこのすすめ」 ゲスト:東野健一
紀の国出身のきじねこ 吟遊詩猫としてこの思いを伝えてまわる
またの名を“ふじたなおこ”

6月12日(金) 19:30 OPEN 20:00 START
「はくさんまさたか と ひがしのけんいち の ジョイントライブ」
はくさんまさたか“ディジュリドゥ吹き”
語り手、踊り手、造り手、歌い手、イヌ、コオロギとコラボレーションする
今回は絵巻物紙芝居と!

どちらのイベントも木戸銭1500円(1ドリンク付)要予約

・場 所:モダナーク・ファームカフェ
・問合せ:モダナーク・ファームカフェ
(TEL: 078-391-3060)modernark-cafe@chronicle.co.jp

モダナーク・ファームカフェ






東野健一(ひがしのけんいち) ポトゥア(絵巻物師)

東野さん


40歳でインドに渡り、西ベンガル州で古くから伝わっている絵巻物を見せながら、物語を聞かせるポトゥア(絵巻物師)に出会う。
自ら作ったポト「狼の魂」を初めて上演して以来、 絵の制作と並行しながら、日本の絵巻物師(ポトゥア)として年間100回、様々な場所で公演を行い、子供から大人まで幅広い層に親しまれている。

1947 神戸 長田生まれ
1987 40才 住みなれた会社を辞め絵描きになる  この年、ポトゥア(絵巻物師)に出会う
1989 最初のポト(おおかみの魂)上演する
1994 インド・タイ・ベトナムを巡り演ずる
1995 関西大震災と神戸で遭遇  この年「遠くて近い国の語りべ」共同企画 
    (インドよりポトゥアを迎えて一ヶ月全国ツアー)
1996、1997インド西ベンガル州に渡り 巻物絵本「灯つけとうか」制作
1999 AKJに参加(フランス マルセイユで演ずる) 
    第六回もりぐち寄席「上方落語名人会」出演
2000 AKJに参加(フランス マルセイユ、スイス ベルンで演ずる) 
台湾 中華民国視覚芸術協会に企画 「台湾大震災の被災者の心のケアーを図る
プロジェクト」に参加
2001 アジアの人形芝居第九回「信州 黒田人形」 
人形浄瑠璃との共演(演目 鎌倉三代記)  台湾 新竹市「Drama Festival」参加
2002 スリランカで「絵本作家養成セミナー」参加 (主催 スリランカの教育を支援する会)
2003 台湾 台中の林間学校「絵の教室」 (台湾大震災震源地の小・中学校の林間学校)
2004 神戸キャップハウスで個展「キャップハウスでメラ・メラ・メラ」
「信州 黒田人形」信州・飯田で再演





12日のイベントに本当に顔だけだした。雪えりことebi☆です。
丁度、休憩が終わって2部がはじまったところです。
大変もうしわけないのですが、お店の入り口で顔だけださせていただきました。

東野さん独特の雰囲気は、やっぱり大好きです。ついつい見入ってしまいました。
あの会場との一体感はいつも東野さんのでっかさを感じます。
知らないポトゥアのお話だったので、きちんと参加させていただきたかったのですが・・・
どうしても時間の調整ができませんでした切ないわ・・・
さてさて、14日まで個展をしていますので、
ぜひぜひお時間があれば足を運んでみてください
Modernark pharm cafe(モダナーク・ファームカフェ) もすごくいい感じのカフェです。
今度、ゆっくりお茶したいスペースも見つけることができて、本当に感謝です。

ありがとうございました

エコは文化だ。


こんにちは薮内です。

私たちの身近なエコとして、買い物の時に買い物鞄を持って行ったり、ゴミの仕分けをしたり、通勤は車ではなく自転車だったりといろいろなことが見直されて、実行されています。

私なんか、移動はめっぽう自転車で「エコだねぇ~」などと思いつつペダルをこいだりしています(^-^)。企業も近距離の移動には電動アシスト自転車なんかでCO2の削減に努めたりしているようです。
後は、安全に走れる法整備と自転車に乗るもののマナーがしっかりすればいいのですが…。

自転車も車と同様、時には「走る凶器」になります。また、交通ルールを守らないと「走る邪魔者」になり、管理がズサンなら「放置ゴミ」となってしまいます。

見直すのは「モノの使い方」だけではなく、「物を使う者の心」ではないのかと私は思うのです。
「物を大切にする」「他を思いやる」は日本の古くからある「あたりまえの文化」だと思います。
両文化とも大切にしたいきたいですね。

私の大好きな詩人


どうも~!!
月光です☆☆

私には、とてもとても!大好きな詩人がいます。

彼女の歌う川柳は、超ストレートで、いつも私を心から楽しませてくれ、
時には心をみつめなおさせてくれます。


そんな、私の大好きな!素敵な女性と川柳をみなさんにちょこっと紹介しちゃいます☆☆♪


<まずは、彼女の日常をご紹介>

ムンチャン記事


 
「ひるねして 夜とまちがえ 大笑い」

「サッカーの ルールも知らず でもみてる」

「目をとじて 静かに歯科医の 治療まつ」


ムンチャンおばあちゃん2


「島根まで 行きたいけれど 体無理」

「この体 おうちゃく虫がくっついて 取るに取れない 八十路の女

「年金で 貯金できたら いいのにな」


<八十路女からのメッセージ>

ムンチャンおばあちゃん


「うえをむき くよくよせずに 人の為」
  
「えんりょせず 自分の意見 はっきりと」

「気にしない 悪く言う人 知らん顔」

「すんだ事 あとでくよくよ しないこと」


おばあちゃんとおじいちゃん



「いつまでの いただく命 大切に」

「死のまぎわ 主人にお礼 言えるかな」

「生きている 今のあいだに ありがとう」


詩人 村上 はつこ 84歳 私のおばあちゃん。
いつもやさしい気持ちにしてくれます。

気持ちがたくさん詰まった川柳。みなさんの心にもお届けあ~れ♪♪

癒しの空間☆須磨海岸


こんばんは、はたまた、ebi☆の登場でございます。

現在バイト生活のebi☆が、予定外の時間をもてはやしておりまして…
この際だから、久々にmy lovelyな自転車にのって、
そして、デジカメ片手に須磨海岸に行ってきました

須磨+自転車

海に沈む夕日を想像していたのですが・・・
残念ながら今の時期は、山側に沈む夕日でした。

sumayuuhi

でも、いい感じです
ebi☆のお気に入りの場所が先約のカップルがいたので、
いつもより西側からの景色です。

須磨夕日

黄色いかわいいお花がさいていたので、ついついパシャリ
このお花を見ると、が近づいている気配を感じます

須磨+お花

調子に乗って、写真を撮りまくったので、
お暇であれば、アルバムを見てみてください
(アルバムは、パソコンから見ている人限定で・・・
しかも、見れない時があるみたいです。ごめんなさい
ebi☆は、今の時期の須磨海岸が大好きだったりします。
たぶん、時間があればチョコマカしているので、そっと見守ってください







では、では、皆様よい週末をお過ごしくださいませませ


スター・トレック観ました☆


6月1日(月)映画の日に、レイトショーでスター・トレックを観ました。

ebi☆です。

20:45~24:00までと2時間15分
結構長い映画でしたが、時間なんか全然気にならず。
面白かったです。

スタートレックのebi☆のイメージと言えば、深夜のSFTVドラマ
学生時代によく観ていました。

「艦長日誌・・・」からはじまるフレーズが記憶にあります。
ヒューマニズム的なイメージがありましたから、
ちょこっとそんなイメージのまま、映画鑑賞に向かっていたのですが…

いやはや、これは、これは、すごいアクションムービーですね。

長らくスタートレックを観ていないから、初めて観るようなものですが、
全然知らなくても、きちんと面白かった。
でも、単なるアクションだけでなくヒューマン的な部分もきちんとあって
しっかり私好みの映画でした☆

確かに、ハズレなしでした

でも、映画の日なのに、映画館がガラガラだったのが寂しいですね。
ま、今の時期の神戸では、仕方がないのか…
でも、やっぱりさびしい限りです。

今回は、109で観ました。
見やすいし、座席もゆったりしてるし…お勧めの映画館ですよ~




劇団員の日常(ebi☆バージョン)


今晩は、ebi☆です。

最近、何か忙しなく(世話しなく)・・・

でも、そんな中、日々、一喜一憂を繰り返し。
何気に振り返ると、自分についてや、私が係わる人についてや、
周りの仲間にささえられながら・・・
今もまた、私の心の中にいろいろとグルグルとたくさんの思いと
言葉が渦巻いております。

その言葉達は時には私の心の中や頭の中を
まっ黒けにしてしまうほどのこともしばしば…
本当に何が何やらの自分にテンテコマイな感じです。

でも、やっぱり、そんな中、今日も仲間の言葉に救われてたりします。

そしたら、何気に私の中に浮かんだ言葉がありました。


□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□

  人と人とのあいだを

  美しくみよう

  わたしと人とのあいだを

  うつくしくみよう

  疲れてはならない

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□

八木重吉さんの詩。
劇団残夢(のこんのゆめ)で基本稽古に用いている詩です。

ebi☆は、入団当初は、役者の練習一緒にしていたんです。
だから、基本稽古となるこの詩は毎回の発声練習で向き合ってきた言葉です。

短いくせに、何かと私に問いかけてくる詩だな…と
今もまたこの詩の印象は、私に色濃く残りました。

人間は、いろいろです。

たった、一つの言葉でも、まったく意味が違うように伝わったりします。

本当に伝えたいことを伝えることができない時もあります。

相手がいて、自分がいる。
なんにしても、自分がいて、相手がいる。

あたりまえです。
だって、私、にんげんですから・・・

私の中でも、いろいろです。

その辺をうまくしたいと願う私と、その辺を私らしくしたいと願う私。
馬鹿みたいに、いきなりやらかしてみたり…
そんな自分を認めてみたり、認めたくなかったり…
ホンマにどうしようもないねなんて笑ってみたり。

自分に自信がなかったり、相手への恐怖心であったり、
いろんなマイナスな思考から私の中に生まれてくる言葉
それをなんとか埋めようとまた違う言葉や考えで
結局真黒になってしまう時もあるけど、

私の中で、この詩の言葉はなんだか
良い考えをポトリとおいていってくれます。



ちょこっと、ワタクシゴトみたいな感じですが…
ひとまず、劇団員の日常(ebi☆バージョン)といったタイトルで
言い訳にしておきましょう。

でも、たぶん、ヒトソレゾレかもしれないけど、
毎日なんかしら経験して、なんかしら考えてるんだろうなと
ebi☆は思いたいな。



| 劇団残夢・のこんのゆめホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。