スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KICK ASS!


久し振りのカキコはオサーンです。

そう、最近、本当につまんない。
自粛のせいなんかじゃないよ。
映画界がつまんないのだ(TVなんか見ねぇし)。

で、そん中でちょっと「通」に噂の映画があって、
・・でもなんかここんとこ、洋画は派手なのはカスだし
邦画は質はよくても「暗い」し・・・

なーんか「パーッと」した映画観たいじゃん!
・・ってとこで、
「キックアス」。

・・これまたチープな、「自主映画に毛の生えた」ような映画ちゃうん
って思ってて、そしたら映画「通」の友人があんまり薦めるから
観たんですよ。

いやぁーー、泣けたー!
乾ききった私の心を溶かしたラストに感服!
ここ数年で、そりゃあいい映画、よく出来たのはいっぱい
あったけど、「愛情」感じる映画はそうあるもんじゃない。

私、「ダイハード」は映画館で13回、「風邪の谷・・(風ね)のナウシカ」
は15回、「ターミネーター2」で5回・・

クソおもろい(失礼)映画は、アホほど(失敬)観る癖があるんです。
馬鹿ですから。
今回は、DVDでおうちシネマなのが残念!なのだが、
既に4回観たぞ!

まだ観ると思うぞ!
どこまで記録に迫るか!・・ってそーゆー問題じゃないが。

マザファカー!!
・・(映画自体も口が悪い。教育上よくないかも!)

スポンサーサイト

神戸市立森林植物園に行ってきました。


こんばんは、ebi☆です。

行こうと計画していたのに…天気予報は雨。
メッチャ雨…朝からがっかりしていたら、昼から雨が上がった様子…
せっかくだから行っちゃえ~と電車に乗り込んで
神戸市北区にある神戸市立森林植物園に行ってきました。

只今、神戸市立森林植物園では、森の中のあじさい散策というイベントをしています。

でも、まだちょっと早かったかな…月間KOBEグー6月号№193の中にある
森林植物園の記事をみて、行ってみたいと思ったのです。
(良かったら見てみて…とってもきれいですよ)

満開でないとしても咲いている紫陽花はきれいでした。
ちょこっと写真も撮ってます☆雨の日の紫陽花はきれいですね。

20110620_1

20110620_2

20110620_8

年間フリーパス(四季トリコロールカード)
※3園共通(森林植物園・須磨離宮公園・相楽園)大人900円、小人450円
(購入日から1年有効)をゲットしたので、
また、スケジュールを調整して満開の紫陽花を見に行きたいと思います。


【“神戸市立森林植物園に行ってきました。”の続きを読む】

たかみなといえば高山みなみ



どうも!お久しぶりの穂高岬です。

AKB48の選抜総選挙が終わりましたねー。←今さら

僕自身、AKBのことは好きでも嫌いでもなかったんですけど、今回の総選挙を見ていて彼女たちに
好感を持ちました。

「人が人生を懸け、一生懸命に目標に向かう様は、何よりも感動的だ。」

総選挙を見て、こう思いました。

だから、高校野球は1世紀にわたって日本人に愛されているのだと思います。
確かに、高校球児たちはプロ野球選手に比べれば、能力も技術も劣る。
けれど、負ければ終わりのトーナメント戦で戦う彼らの気迫、気持ちは
プロ野球のそれを凌駕しているのだと思います。

これまでの努力の詰まった彼女たちの涙や、苦楽を共にしてきた
仲間たちと懸命にプレーする球児たちに僕は感動してしまうのです。



僕も他人に感動を与えられるように、頑張って芝居に取り組んで行きたいと思います。











やっぱり、たかみなと言ったら高山みなみさんでしょう・・・





☆趣味の小部屋2☆


こんにちわ(*ノωノ)またまたまやです

さて・・・『ヘンプ編み』『アクセ作り』につづき
ハマっているもの第2弾の紹介です(゚д゚)v

その名も
『羊毛フェルト』
y1.jpg  y2.jpg
このような綿を
ni5.jpg  ni1.jpg  ma1.jpg
フェルティングニードルでひたすらツンツンして
マスコットなどを作りますヽ(・∀・)ノ


では作った物を一部紹介☆
SN3J0224.jpg  SN3J0226.jpg  SN3J0218.jpg
  
もこもこ羊

SN3J0215.jpg  SN3J0221.jpg  

まろ眉シバ犬



SN3J0251.jpg

ミニチュアピンシャー

のこんのキャラといえば・・・やっぱり羊なので
羊作りからスタートしましたヾ(*´Д`*)シ

でも羊毛フェルトの危険なところは・・・
針でガッツリ指を刺してしまうことです(笑)

眠たい時にはもぅ血が出るほど刺しますwww

また作品が増えたらUPしていきたいなぁ~
  




☆趣味の小部屋☆


こんばんわヽ(・∀・)ノまやです
今日は趣味の一つを紹介します

いまハマっているのが・・・
『ヘンプ編み』 『アクセ作り』です

今まで作った物をちょこっと紹介w


【ブレスレット】
110418_0053_01.jpg   110512_0030_01.jpg   110512_0030_02.jpg   110606_2231_01.jpg


【ストラップ】
110418_0210_01.jpg   110430_1310_01.jpg


【チョーカー】
110430_1901_01.jpg   110503_1821_01.jpg

まだまだ改良の余地がありまくりなので・・・本やネットで調べたりしてます
石の意味なども もっともっと覚えていきたいなぁ(/(ェ)\)

職場で手作り部を結成し・・・いつかフリーマーケットに参加しよう!と数人で企んでおります(笑)


いつか フリーマーケットでお会いしましょう(ぇw

どうしたらいい・・・


いつもなら12時に就寝するのですが、考え事をしていて眠ることができない
恵藤よしゆきです。


変なプライドを失くすにはどうしたらよいのだろう・・・

僕にはそれがある。多分みんなにもある。


例えば、自分のやっていること(日常・演劇など)が面白くないと言われる。
そうすると僕は、「じゃあ、お前に出来るんかい」と思ってしまう。
素直に、どうしたら面白くなるのかを考えるのが遅れる。
自分のすべてが否定されたと薄く感じる時がある。


この考えは、役者としての成長を阻んでしまうから駄目なのだと自分に
いいきかせて、決して人には言わないし、考えないようにしているが、
やはりチラリと考えてしまう。


僕の大学の演劇サークルの後輩にも、そういうプライドを強く持つ人がいる。


その子は、今までの自分ではないことができるという考えで演劇サークルに
入ってきた。


そしてその子は初めての台本(コメディー)で自分の思うままに演出家(学生)
立会いのもと台本読みを行った。


それが終わり、演出家が一言   

「おもんない」


そして演出家が、その子にアドバイスをした。


しかしその子は、納得しようとしない。というより聞く耳を持たない。


これはおそらく、彼のプライドがそうさせたのだろう。

彼も、「お前に出来るんかい」と思ったに違いない。


そのあとの演出家とその子の議論は平行線をたどるばかり。



その子は、プライドが高い。ゆえに折られた時の反動もでかい。


この子は演劇を嫌いになってしまったかもしれない。


どうすればこの子をその苦しみから救ってあげられるだろうか。


「そんなプライド捨てさせろ。それができないようなやつは役者なんかするな」


こういう答えもあるだろう。


しかし、これは非常にプロ的、劇団的考えであると僕は思う。


この場面は、部活動なのだ。僕は、(残夢に所属していることもあり)
完全に前述の考え方なのだが、演劇サークルの中には演じることをただ
楽しむために活動している人もいる。


そういう人たちから見ると、先ほどの演出家の「おもんない」という言葉は、
新入生に対してやや思いやり・配慮の欠けたものではないのかと感じられるだろう。


なのでその子の周りの環境を変えるという方法も一つの手段だといえる。


前者が正しいのか後者が正しいのか、どちらも正しいのかどちらも正しくないのか・・・・・・


なにか、その子が演劇サークルで成長できる方法はないものか・・・


残夢では一番後輩の恵藤が、後輩を思って書いた文でした。





| 劇団残夢・のこんのゆめホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。