スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒いけど負けるな!



はいさい!
樋渡あずなです。

最近急に寒くなってきましたよね。皆さんは体調大丈夫ですか?
のこんでも何人かが体調を崩し気味です(´・ω・`)

12月23日には大事な大阪イベントがありますから、気をつけないといけませんよね!

さてさて、今回は4月21日に行います春の酒蔵定期公演のことをちょこっとお話したいと思います。

まず、先日の公演で前説をさせていただきました新人、樋渡とほしの彩が、春の公演で役者デビューさせていただきます!
私はヒーローになれるのか?脚本家の勘違いで蛙の王子様になるのか?
彩ちゃんはギャグキャラになるのか!?

楽しみにしていてくださいね^^*


そして、これは毎回告知しているかと思うのですが、酒蔵定期公演のボランティアスタッフを随時募集しております。

本番前に(何度か)稽古に参加していただける方は舞台の裏方等、また当日のみお手伝いしていただける方は案内係、受付などのお仕事をお願いするかと思います…
役者がどんどん増えているため、のこんメンバーだけではすべての仕事を賄えなくなってきました。

それだけお客さんが増えてきて、私達も全力でそのお客さんをお迎えし、一緒に楽しもうとしているってことなんですけどね(*´∀`*)

もし舞台やイベントに興味をもたれた方がいましたら、ブログコメントやのこんのゆめHPからメール、またお電話でご連絡ください!


皆さんと共に楽しい空間が作れますよう。
次回の酒蔵定期公演楽しみにしていてくださいね!




最後に。




この写真は神戸で撮ったものなんですが…どこかわかりますか?(笑)


ではでは。
体調には気をつけてくださいねヽ(・∀・)ノ
スポンサーサイト

神戸ビエンナーレ、終わっちゃいましたね


ビエンナーレ白い人 しおさい公園にて・・・

天音です。

一昨日、神戸ビエンナーレに行って来ました。

すごかったですよ!とにかくすごい(`・ω・´)


ビエンナーレ7 ハーバーにて・・・

これ↑すごいです。

全部羊毛フェルトで出来てて、なんていうか、羊毛の洞窟みたいな感じがしました。

こっ、こ、こここ、コストが・・・

綺麗でした。


ビエンナーレ6 ハーバーにて・・・

私写ってる(;^ω^)

これは酔う人も居ました(笑)

私にとってはすごく落ち着く空間で、ずっと居ても良いくらいでした。

なんていうか、動画を載せれたら良さが分かったと思うのですが、さすがにそれは無理でした。

ほんとに白黒の空間で、ぐねんぐねんしてて、びよんびよんして、うにゅぅぅんみたいな感じの

はい分かりませんね、すみません。


ビエンナーレ5
でーん

指写ってるけど気にしなーい。

しおさい公園の入り口です。

ここで素晴らしいインパクトが・・・!
コンセントとか素晴らしい実に素晴らしい!そしてこのバランス!ヤァアアアフゥゥゥヽ(゚∀゚)ノ
ソーラーパネル付いてるのがまた良い発想!
でもあんまり発電出来てなかったよ(`・ω・´)


ビエンナーレ4
Σ(゚Д゚;)・・・

こんな寒いのに裸で大丈夫ですか!!
・・・あれっ、もしや、

これもアートでした。
よく出来たものです・・・(笑)
服着ましょうねー。


ビエンナーレ1

あらどうも。空を眺めてるんですか?
今日の空はとびっきり綺麗ですよね・・・

ビエンナーレ2

ちょっと失礼します。
一緒にごろーん。

あらまた良い眺めで。


そんなこんなで携帯の電池が切れて、写真を撮れなくなりました^^;

あ、そうそう、この頃は、劇団員の方達は忙しいようで、しばらくは更新されることが少ないかもしれません。
いつも見てくれている方、ありがとうございます^^

ではっ。天音でした!

なんだか忙しい劇団になってしまった?


おっさんです。いや、オサーンです。

公演が済んで、次の公演が春の4月。
それまで例年なら団員はのんびり年を越して
新年会して、新作の台本早よ書けーって私をせかして

というのが通常ですが、
今回は様子が違う。

公演済んだ途端に天音と新人あずなは自主映画出演、
当劇団の3ベテランは客演練習、
(左横にチラシ載ってる)
12月23日には大阪初出陣となる
「act for friend」という複合イベントに出る、
(ぎゃ、あと一ヶ月しかない!)

こちらはまだ新人扱いの恵藤・ほだかコンビが主演の予定。
なんと彼らも自主映画にも出るそうな。
私もCM制作に先述イベントの台本打ち合わせと、
(私にとっても、外部脚本書き下ろしを演出というのは初めてだ)

みんな大忙しだなぁ。
そういえば来年早々には
兵庫県創造センターのイベントが
2月にあるし。

おかげで劇団の稽古で顔合わせると
なんか懐かしく感じる始末(笑)。

こんだけ忙しいのに、収入になればいいのになー。
みんな。
と、つくづく思うオサーンでした。

みんな頑張ろうね。


こんばんは。天音です。
この前友達と四葉のクローバーを探しに行きました。
ちゃんと見つけてきましたよ♪
クローバー

ちょっと前に、脚本家がYMOについて記事に書いたと思うのですが、
そのYMOの坂本龍一さんが影響を受けている作曲家、ドビュッシーの曲を載せたいと思います。
(個人的に好きだから載せたいだけ)


今日はこれだけです(笑)
うどんってさ、ドビュッシーはちょっと合わないんだけどサティは合うんですよね。
誰かドビュッシーとサティとショパンについて語りましょうよ!(ぇ

にせもの練習風景!


はいさい!
樋渡あずなです!

皆様、先日は雨の中『ニセモノ家族』見に来ていただきましてありがとうございました!
また、来れなかった方は次回こそよろしくお願いします!

今回は前振りさせていただいたのですが、舞台の感想の中に前振りに関するご意見までいただいてしまい…本当に本当に嬉しかったです(*´∀`*)


さて、今回はニセモノ家族のネタバレ(笑)練習風景、てか役者紹介?をちょこーっとだけしたいと思います^^*



今回は樋渡でなく、このアルパカさんが紹介しますよー!(笑)

どやぁ
doyaa.jpg


まずは仁役、穂高岬くん

hodakakunn.jpg


お父さん、哲郎役、亀石アキヲさん
kamesann.jpg



笹見さん役、月光ムンナさん
munnnasann.jpg



脚本家、木村さん
kimurasann.jpg




ぶんっ
syubattu.jpg




そしてお母さん、薫役、雪えりこさん
と、最年少、スミレ役、天音ちゃん

yameteeeee.jpg

銃を撃つ練習…って
ややややめてっ!



恵藤くんはこの日お休みでした(´ω`)

そしてのこんのみんなに(笑)かわいいと好評でしたフラフラダンスを木村さん指導の元猛練習!
hurahura.jpg



腰だけは完璧に揺らしてふらふら~
木村さんふらふら~
雪さんふらふら~
つられて天音ちゃんもふらふら~
minnnadehurahura.jpg



こんな練習風景でしたっ

YMO


オサーンです。

昨夜、NHKでYMOのライブをやってた。
最近、もう取り立てて「YMO」とか意識になかっただけに
かなり驚いた。
20年振り?!
・・さーここで問題です。

団員の殆どは、おそらく、「YMO」って何だ ? って思ってるに違いない。
そうだよねぇ、私が高校生の時に出て来て、大学浪人してる頃に一世
を風靡したあの「テクノブーム」の立役者なのだから。

参考の為に豆知識を言えば、
YMOがいなかったら、おそらくBOOWYも
小室哲哉もBzも、勿論Perfumeも
くるりもラルクアンシエルも、実は広義の意味では
AKBだって存在していない。

つまり、今「Jポップ」なんて言ってるが、
今の邦楽界を根底から変えた人たちなんです。

「(コンピューターに)打ち込み」という概念を音楽に持ち込み、
(今の邦楽は殆ど打ち込み)歌手をプロデュースする、
プロデューサーという概念も、
(小室哲哉だと思ってる馬鹿な音楽評論家もいるようだが)
彼らが最初。

何より「歌のない音楽」いわゆる
インストゥルメンタルの歌謡界ヒットさせたことも
画期的で、おそらくYMO以降、
インスト曲ヒットは記憶にない。

さらに彼らの凄かったのは、
全曲英語、そして日本より海外で先に爆発的な
ムーブメントになった。
そして彼らは、音楽のクォリティーだけじゃなく
ファッションまで持ち込んで変革した。

中性的で退廃的なイメージは
今のビジュアル系の基礎を作ったし、
坂本龍一が世界的であることは言うまでもない。

実は私は、尊敬する細野晴臣氏に一度だけ
お会いしたことがある。
テレビの仕事やってた時など、そこいらのタレントの誰に会っても
何とも思わないのに、
その時だけはとんでもなく舞い上がって、
かなりの挙動不審になっていたそうである。

団長によると緊張と喜びのあまり、
私は細野さんに対して何故か斜に構えて、
新聞記者の取材みたいになっていたらしい。

僧侶のようなオーラの人でした。

放射能でだめかも、なんて言わずに、
どうか、どうかご自愛下さい、
ホソノさん。
清志郎待っててなんて言わないで。

また世界のYMOの下らないコント、
見せて下さい。
 

| 劇団残夢・のこんのゆめホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。