スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/1(sun) 告知!!


告知です!!

のこんのゆめが、いつもお世話になっている「むつみ会」さんからご紹介のイベントです!


7月1日(日) 元町ラフレア にて

福島チャリティーイベントアララト


●時間:OPEN/START 17:00/ CLOSE 22:00
●料金:前売り1800yen/当日2000yen

--------------------------------------
3.11後、福島と共に歩んできた神戸YWCAと
種を蒔くアーティストCANA(PUMPKING/SOUP)のコラボ企画!!


アララト2

これからの暮らし、未来のこと
本当の意味で豊かに生きていくための解答は
わたしたちの中にあるのかもしれない。

毎日の生活をもう一度意識して見直してみませんか?
何気ないひとつひとつにたくさんの背景があるということ
どこかの誰かとつながっているということ
想像してみてほしい。

日々の選択のなかで、これからの地球の未来を選んでいく。

現在進行形の “福島” をキーワードに
自分達のこと、未来の子どもたちのことを考える。

あたらしい世界のはじまりを感じながら


--------------------------------------

DJ
Sanshiro a.k.a toughGuy (brankett/qualia)/
Cabaret (RealThing/脳内巡礼)/SENOBY


トークSESSION

神戸YWCA/
堀江 斉(自家発電カリーネオルーシー)
Cabaret (RealThing/脳内巡礼)/
ゴ→(PUMPKING/PAI)

LIVE
*drums
番長(BAGDAD RIDDIM SECTION/AFNICA)
*keyboard
lakeBIWA(AFNICA)
×
*dance 
PUMPKING 
SOUP

DANCE
BOUNSTEP/LAdyNAda/VIS/ORIH/
サカナウマゴン/Contact Improvisation Kyoto
tateyang+万実/暴れ狂うpajama

MC
SABU(PUMPKING)

DECO
遊ぶキャンドル

展示作品
鮒池涼香(絵本)
山下奈々美(書)

FOOD
自家発電カリーネオルーシー
水玉コーヒー

SHOP
スターキャットガレージ(アンティーク雑貨)
遊ぶキャンドル
茶夏ナ屋(手作りアクセサリー)

*イベントの収益は福島からの移住や、子どもたちの避難の支援活動をしている団体に寄付されます。

①「神戸ポケットネット 福島ママのための親子ごはん会」
②「西宮市県外避難者の会 ぷらっとホーム」
③「福島の子どもを招きたい!明石プロジェクト」
④神戸YWCA「国際ユース・ピースワークキャンプ」

*当日各団体の活動紹介ブースがあります。


------------------------------------

神戸YMCA http://www.kobe.ywca.or.jp/top/
PUMPKING SOUP http://pumpking.biz
SOUP http://odoru-soup.com 


CANAさんのダンス、ルーシーさんのカレー(絶対食う!!)^^

楽しみです!!!!

皆さま、お友達と一緒にぜひラフレアへ~~♪♪


雪でした!
スポンサーサイト

わたしを離さないで


少し時間ができてきたので、ずっと気になっていた映画・・(少し前のものですが)
やっと観ることができました

すごく私はよかったので、おススメします。


まず、なんといっても映像と音楽が美しくて統一した世界観から
すっと中に入っていけました。

全体的に曇り空のような、少し湿気があって肌に涼しい空気が触れるようです…


キャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)

の3人はヘールシャムという寄宿学校で小さい頃からずっと一緒にすごしてきました。

この学校は臓器提供を目的としたクローンを管理する施設。


幼い頃から管理された中で自分たちの未来を教わり・・

そんな頃から100%理解なんてできないし、

実感できないままそういうものだと受け入れ、馴染んでゆく。



日々を過ごし、芽生える気持ちに、

自分たちとこの主人公たちと何が違うのか?



物語は後半、条件を満たせれば、臓器提供が猶予されるかもしれないという希望に動きはじめます。

3人の絆と、苦しみと葛藤が胸から離れられなくなりました。


アンドリュー・ガーフィールドの叫びには、なんだか頭の機能がすっ飛ぶくらいに
ただただ、胸にきます。



「この命は誰かのために」


「この心は私のために」



心に突き刺さる作品でした。


エンドロールも色の移り変わりが優しくて素敵です。
細部にも配慮してくれてて、すごく愛情を感じます。

思う存分余韻に浸れました(^^)



雪でした

| 劇団残夢・のこんのゆめホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。