スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス一色…


世の中はもうクリスマスですね!お久しぶりですほしのです!!

もう今年もカウントダウンが始まった…早い早い!! (ㆀ˘・з・˘)

そんな今日の稽古の帰りの一枚♪先輩2人♪♪

スポンサーサイト

水平線の歩き方


雪です☃

皆さん風邪などひかれてませんか?

ようやく、、急に冬に放っぽり出された感じですね。

何を着ようか迷っちゃう毎日です
(ー ー;)


さてさて、
劇団のこんのゆめ の
亀石アキヲが客演で参加してますよ♪

前回、
我が「儚き幻影のアシュラ」の舞台にも出演して頂いた
市橋佳代子さん初演出の公演です^^


●♢●♦︎◯♦︎●♢●♢◯♦︎◯♦︎●♢●♢●


のあプロデュース公演 vol.3

『水平線の歩き方』

2013年11月23日(土)19時~
11月24日(日)13時~/16時~

受付:開演1時間前
開場:開演30分前

会場:自由表現空間 シアターカフェ Nyan

【地下鉄四つ橋線】四ツ橋駅4番出口より西へ徒歩5分
【地下鉄長堀鶴見緑地線】西大橋駅3番出口より南西へ徒歩3分

料金:前売・当日共 ¥1,000
(各回30席、お申し込みはお早めにお願いします)

作:成井 豊
演出:市橋 佳代子

Cast

安田 寿子
北風 ゆうたろう(劇団スターダスト日本)
とりい かごめ
亀石 アキヲ(劇団残夢)
斎藤 元昭(みどりのうにょうにょしたもの)
根津 真澄
河部 裕介
撰 飛鳥(劇団ぽんづ)

Staff

舞台監督:亘鍋 好人(ユニットケルト)
音響:八木 進(Bagdad cafe')
照明オペ:永田 香苗(野菜室)
照明プラン:斎藤 元昭


チケットお申し込み

TEL:090-4499-3593
E-mail:noa.horizon1123@gmail.com


ブログもやってます。
稽古の様子を役者が日替わりで更新中!

http://blog.livedoor.jp/noa_skip/


お楽しみに (>_<)✴︎✴︎

東京日和。たまには東京もねッ。


「自主映画」をやって大概長い、オッサーンです。どーも。

この度はそんな私が滅多にやらない「コンペ」出し。
それも「日本芸術センター映像グランプリプリ」
相手に不足はないぜ、ってんで本選、
東京くんだり行って参りました。
KIMG0352.jpg


ま、結果は見事玉砕、
1等賞の暁には団員にしゃぶしゃぶオゴったろー
の気合も空しく、ま、次回に期待して
浜松のお茶饅頭で辛抱するのじゃ・・。
(試食したのとちゃう・・!あんまりおいしくなかったね

てなわけで、夜行バスで早朝東京に着く。
たぶん10年振りくらいに降りた東京駅は、
馬鹿でかすぎて右も左も上も下もさっぱり分からん
怒涛のはとバスツアーのG様BA-様の群れに戦慄しつつ

掻き分け掻き分けよーやく来たど北千住。
やや!・・こいつはデカ杉!
KIMG0358.jpg

KIMG0359.jpg

引くわ~。バリバリ権威を感じますな。

で、着いた途端お腹痛くなってきて、さっそく芸術センターにてバフン。
ま、マーキングみたいなもんですな。
あ、ちなみにこちらは前の広場の猫。
KIMG0354.jpg

ここにはこんなものも。
KIMG0360.jpg

なんでも芸術センター顕彰委員長の村井敬氏は
かのクロサワの息子さんと親しいそう。
すぐ横には東京芸術大学もあるんだよ。

始まるまで時間潰しに、向かいにあるモスバーガーで
コーヒータイム。
真正面にでかい建物がそびえ立つ。
KIMG0357.jpg

全体に、クウォリティの高い作品が多くって、
英語字幕の付いた作品もちらほら。
先に外国の賞とか出してるんでしょうな。

ただ、価値観というのは様々であって、

私の目には
若い感性と瑞々しい青さと残酷が共存するある作品、
自分には撮れたとしても撮りたくない、
嫌~な映画、しかし上手い!
そんなものを見つけてしまって

これにはかなわん~、一等賞確定だな、と思っていたら
なんとその映画も選から漏れてしまったぞ?
・・・うーん、
そして、こりゃ駄目だろーと思ってた作品に
各賞が当てられるという・・、

久し振りの東京は、
何だか遠い、自分とは別の世界みたいに感じて
なかなか複雑な気持ちになりました。

神戸の風景がより一層
柔らかで美しく見えたのは
PM2.5のせいではないと
思います。




| 劇団残夢・のこんのゆめホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。