スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコ・ねこ・猫 絵展


ネコ・ねこ・猫 絵展

東野健一さんの個展がModernark pharm cafe(モダナーク・ファームカフェ)
650-0012 神戸市中央区北長狭通3-11-15  TEL: 078-391-3060 FAX: 391-3067
で開催中です。
雪えりこと月光ムンナがお邪魔いたしました。
雪えりこからレポートが届きましたので、さっそくebi☆がブログにUPします。




今日は急遽番外編としまして、
モダナークカフェで
あの絵巻物師(※ポトゥア)東野健一さんの「ネコ・ねこ・猫・絵展」へ~

東野さんが気付いてくれるか心配しながらの訪問でしたが、
着いた早々東野さんご本人に迎えられラッキー

「自分の絵には説明がいるから‥・」と
個展の間はずっといるらしい!

店内にはいくつも東野さんの原画が飾ってあったけど、
すでにいくつか売れてしまっていて、
特にシルク地に絵を刺繍したものは、
本来は何点かが連なって一つの絵だったものが、半分はなくなっていた

東野さん猫

一点一点東野さん自ら説明してくれるという、
なんとも贅沢な東野さん二人占めの時間


昨日発覚したのだが、そもそも東野さんが猫を描きはじめたのは、
月刊誌「まねき猫通信」の表紙を描くようになってらしい。
私は安易に猫が好きなんやなぁと思っていた(笑)

この10月は京都の法然院で20周年の個展&紙芝居をするらしい
今から作品作りにとりかかるとか

楽しみだにゃ
ただ、次回の劇団残夢酒蔵公演も10月‥ハァハァ

ちなみにモダナークカフェでは急ですが、
本日6/12(金)19:30~
「はくさんまさたか と ひがしのけんいち のジョイントライブ」
”ディジュリドゥ吹き“とのコラボイベントがあります

※インドの西ベンガル州の言葉で絵巻物を「ポト」といい、
それを描いたり、話したりする語り部を「ポトゥア」といいます。
日本ではおそらく唯一のポトゥアと言われています。

月光ムンナからの感想が届きましたよ
追加しておきました

 

まず、絵への想いを語る東野さんがホントにすてきでした

ひとつひとつ作品の説明してくれて、より楽しく絵がみれた

なんかね、説明なしで絵をみるのは、とてまもったいない見かたやなと思います

とてもラッキーな時間でした!





東野さん自らの説明・・・う、うらやましすぎる
ebi☆も一緒に行きたかったぞ~
初めてお会いした時は、東野さんが「ポトゥア」をしていた時でした。
なんて、パワーのある存在感のある人なんだろうとおもいました。
お話してみるとすごく空気の良い方で、ebi☆はできることならいつまでも
お話していたい方です。
4月の第九回酒蔵公演に来ていただいた時は、
ebi☆は受付で感激いたしましたありがとうございます。
また、お会いしたいです。・・・14日(日)まで開催中
しかも、いらっしゃるのですね
さぁ、スケジュールをチェックするぜ




Modernark pharm cafe(モダナーク・ファームカフェ)HP参照
http://www.chronicle.co.jp/event/neko.html






ネコ・ねこ・猫 展 東野健一 6月6日(土)~6月14日(日)
※個展期間中、下記イベントを開催いたします。

6月7日(日)19:30 OPEN 20:00 START
歌う講師 “藤田なにぬねこ”氏による講演「のらねこのすすめ」 ゲスト:東野健一
紀の国出身のきじねこ 吟遊詩猫としてこの思いを伝えてまわる
またの名を“ふじたなおこ”

6月12日(金) 19:30 OPEN 20:00 START
「はくさんまさたか と ひがしのけんいち の ジョイントライブ」
はくさんまさたか“ディジュリドゥ吹き”
語り手、踊り手、造り手、歌い手、イヌ、コオロギとコラボレーションする
今回は絵巻物紙芝居と!

どちらのイベントも木戸銭1500円(1ドリンク付)要予約

・場 所:モダナーク・ファームカフェ
・問合せ:モダナーク・ファームカフェ
(TEL: 078-391-3060)modernark-cafe@chronicle.co.jp

モダナーク・ファームカフェ






東野健一(ひがしのけんいち) ポトゥア(絵巻物師)

東野さん


40歳でインドに渡り、西ベンガル州で古くから伝わっている絵巻物を見せながら、物語を聞かせるポトゥア(絵巻物師)に出会う。
自ら作ったポト「狼の魂」を初めて上演して以来、 絵の制作と並行しながら、日本の絵巻物師(ポトゥア)として年間100回、様々な場所で公演を行い、子供から大人まで幅広い層に親しまれている。

1947 神戸 長田生まれ
1987 40才 住みなれた会社を辞め絵描きになる  この年、ポトゥア(絵巻物師)に出会う
1989 最初のポト(おおかみの魂)上演する
1994 インド・タイ・ベトナムを巡り演ずる
1995 関西大震災と神戸で遭遇  この年「遠くて近い国の語りべ」共同企画 
    (インドよりポトゥアを迎えて一ヶ月全国ツアー)
1996、1997インド西ベンガル州に渡り 巻物絵本「灯つけとうか」制作
1999 AKJに参加(フランス マルセイユで演ずる) 
    第六回もりぐち寄席「上方落語名人会」出演
2000 AKJに参加(フランス マルセイユ、スイス ベルンで演ずる) 
台湾 中華民国視覚芸術協会に企画 「台湾大震災の被災者の心のケアーを図る
プロジェクト」に参加
2001 アジアの人形芝居第九回「信州 黒田人形」 
人形浄瑠璃との共演(演目 鎌倉三代記)  台湾 新竹市「Drama Festival」参加
2002 スリランカで「絵本作家養成セミナー」参加 (主催 スリランカの教育を支援する会)
2003 台湾 台中の林間学校「絵の教室」 (台湾大震災震源地の小・中学校の林間学校)
2004 神戸キャップハウスで個展「キャップハウスでメラ・メラ・メラ」
「信州 黒田人形」信州・飯田で再演





12日のイベントに本当に顔だけだした。雪えりことebi☆です。
丁度、休憩が終わって2部がはじまったところです。
大変もうしわけないのですが、お店の入り口で顔だけださせていただきました。

東野さん独特の雰囲気は、やっぱり大好きです。ついつい見入ってしまいました。
あの会場との一体感はいつも東野さんのでっかさを感じます。
知らないポトゥアのお話だったので、きちんと参加させていただきたかったのですが・・・
どうしても時間の調整ができませんでした切ないわ・・・
さてさて、14日まで個展をしていますので、
ぜひぜひお時間があれば足を運んでみてください
Modernark pharm cafe(モダナーク・ファームカフェ) もすごくいい感じのカフェです。
今度、ゆっくりお茶したいスペースも見つけることができて、本当に感謝です。

ありがとうございました
スポンサーサイト

| 劇団残夢・のこんのゆめホーム |

コメント

一度だけ東野さんにお会いしましたが、写真よりかは                               はるかに身体の大きな方でしたので、その迫力に驚きました。                         猫の絵物力強さを感じますが、わたしは上のほうの絵の、                            猫 ネコ ねこ、、、、の下に 「 どこがねこやねんっ、、、、」                          の自虐フレーズがめっちゃツボでした(笑) ^ ^                                                     

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nokonnoyume.blog105.fc2.com/tb.php/108-1b92b571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。