スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近…


こんにちは藪内です。

最近、臓器移植法案の改正や殺人罪の時効廃止の検討など、個人的に「これはすごい事になるのでは?」と思う事が大きく動いている。
…が、解散選挙のニュースの影にそれらは埋もれてしまってる感があるのは残念で仕方がない。
もっとバランスよく報道してもらえたらなと思う。

そんな事を考えつつ古本屋をうろうろしてたら昔に好きだった漫画を見つけた。

小手川ゆあ作の「死刑囚042」だ。

この漫画は死刑制度の廃止を検討している政府がある実験を開始する。死刑囚024号=田嶋良平が脳の破壊活動を司る部位にあるチップを埋め込まれ、公立高校へとその実験のために派遣される話。彼の興奮が殺人を犯すほどに興奮すると、チップが爆発し脳を破壊してしまう。
そんな実験の中、死刑囚042号=田嶋良平の出会う人々や出来事が少しずつ彼に変化をもらたしていく…。

この漫画のラストが好きで、思わず手にとり立ち読みしてしまいました(^-^)。少し昔の漫画ですが、今検討されてる現実と少しだけリンクしたお話です。

スポンサーサイト

| 劇団残夢・のこんのゆめホーム |

コメント

確かに!!A案の事とか、国会で大きな事が可決されたよね。

でも、これは、本当に大きな事すぎて、
可決でよかったのかなと疑問に思うのです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nokonnoyume.blog105.fc2.com/tb.php/135-ca05ea4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。