スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークマター。ダークスターはジョンカーペンター。ダースベイダーはスターウォーズ。・・ね。


オサーンであります。

前回、「つづく」なんて書いておいて、
全然関係ないネタ書きます。

・・いやー、それこそ
ドラマとか映画に「ワクワク」しねぇなーって
嘆く前に、今日見たのだけど、

「ダークマター」(パンツ履いて股が暗いって意味ちゃうよ)、
無茶苦茶簡単に言えば、素粒子でも勿論原子なんかでもない、
全く「未知の物質」、それを世界各国の研究者が凌ぎをけずって
「探してる」っていう。

で、こういう話にはこの人、立花隆氏が解説してたんだけど、
こいつは今こうして生活してる我々の、この空間に、
普通に目に見えないけどいっぱい存在していて、
いや、下手すると「見えている物質」よりもたくさん存在
している可能性がある。とゆーのだ。

で、立花氏の話を聴けば聴くほど、
その物質の「有りよう」は、これまで「非科学」とされてきた
分野、そう、あれです。あれ。
そっくりではありませんか。
よく美輪明宏氏やもう一人、ちょとお太りになったあの方(名前出てこんわ。老化か)
とかが仰ってる「あの世界」。

その物質を探すのに、「センサー」の感度が重要なのだけど、
それが、これまた「日本」なのですな。
図抜けて日本が、それを探し当てる可能性に「近い」場所に居るという。

例によって、(あの「はやぶさ」同様、各国の予算の20分の一という金額でもって)
技術と知恵で成し遂げようというのだな。

すごすぎる、オモロすぎる !!
ワクワクするではありませんか。
それが発見された時、

今まで「当たり前」と思ってきた
科学、もしくはそれを基準としたあらゆる「概念」が
ひっくり返るかも知れない。

ますますもって、「創作」という物の力が
落ちている昨今、完全に「現実に負けている」
ことが悔しいばかり、いやこれは

ある意味の「羨望」すら感じずにはいられません。
でも、そんな「もの凄い」時代に「同席」
していることは、すごく貴重で、

「もったいない」ことです。

スポンサーサイト

| 劇団残夢・のこんのゆめホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nokonnoyume.blog105.fc2.com/tb.php/268-bbbeeb49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。