スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年春酒蔵公演・・・後日として・・・


5月に入り、すっかり暖かくなってきました。

皆さんこんにちは、亀石アキヲです。

舞台公演後、季節の変わり目からか、それともそれまでの疲れが溜まっていたからなのか、すっかり風邪を引いてしまって、一週間は調子を崩してしまいました・・・・みなさんも風邪などお気をつけくださいです。


さて、なんとか無事、舞台公演を終えたわけですが、当日は朝から雨・・・
これはさすがにお客さんが来ないだろう・・・と思っていたのですが、蓋を開けてみると満員御礼の状態・・・来ていただいた方々、本当にありがとうございます。


幾多の劇団でもあると思いますが、のこんのゆめでも公演後のダメ出しや話し合いの場がありまして、その時に劇団員は舞台のアンケートや撮影していた映像などを見ていくわけでございます。

時をさかのぼって、その時の失敗した箇所をやり直すことなんてできませんが、こういった物で改めて見直す作業というのは後々にはとても大きな意味を持ってくると思います。


アンケートを拝見していると「なるほど・・・」とか「ごもっともでございます」と思わずつぶやいてしまう内容が数多く書かれているわけですが、全体的にお褒めのお言葉を頂き、お客さんに喜んでもらえたのかな?と少しだけホッとしました。

今回のアンケートの感想がバッサリと意見が割れていたのがビックしりしました。(いつもは割合として同じような感想が多くありました)


舞台本番で撮影していたビデオを改めてみたのですが、自分たちで見た印象としては・・・

「まだまだあまい・・」

というのが正直な感想です。




舞台本番よりも数日前に稽古した時のほうが数段良い場合があります。




これは本当によくあることで、舞台人としては「なぜあの日の出来が、本番で出ないものか・・・!!」っと苦悩したりします。

お客さんには一番いい出来の芝居を見せたいのは演出・団長・役者たちにとっては一つの大きな想いなのですが、なかなかそう上手くいかないのが、舞台だからこその“生”もの所以なのでしょう・・・・


今回の舞台もやはり、そう思うところが多くありました・・・とくにアポトーシスに関しては自分が演じたこともあり“荒(あら)”が目立つように感じます。


ビデオを見ながら演出や団長も口をそろえて(自分もそろって)「あんなもんじゃない・・・」と言い出す始末・・なかなか自分たちが納得するほどのものを創りだすというのは骨が折れるものです・・・


実は個人的にですが、前々回の舞台ぐらいから「新しい役作り」にチャレンジしています。

それは、自分の今までの役作りの延長線上ではない、かといって今までのものが無駄になっているわけではなく、今までの経験があるからこその役作り・・・云わば今までの「斜め上」をゆく役作りを自分なりに試行錯誤している最中なのです。

一つの答えとしてのものは見えてきているのですが、それは今まで「自分では絶対に不可能だろう」と背を向けていた「自分の中の立ち入り禁止区域」のような役作りでして、今回の舞台でもそれにチャレンジしているのですが・・・・本当に難易度が高いものだと改めて思います。


その役作りの弊害としては、あきらかに「安定性が悪い」こと・・・それはまだその役作りをモノにしていない証拠です。


団長や演出が云う「あんなもんじゃない」はその安定性が悪い結果だったように感じます・・。



まだまだその役作りをモノにするには時間を要するかもしれませんが、いつかそれをモノにして「アポトーシス03」にチャレンジしたいと思います。


モノにした後のアポトーシス03・・・その時には再々演となると思いますが、その時にはまた、役名タカトウカズヒコでお会いしたいと思います。

それでは!



スポンサーサイト

| 劇団残夢・のこんのゆめホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nokonnoyume.blog105.fc2.com/tb.php/355-5b5e505b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。