スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京日和。たまには東京もねッ。


「自主映画」をやって大概長い、オッサーンです。どーも。

この度はそんな私が滅多にやらない「コンペ」出し。
それも「日本芸術センター映像グランプリプリ」
相手に不足はないぜ、ってんで本選、
東京くんだり行って参りました。
KIMG0352.jpg


ま、結果は見事玉砕、
1等賞の暁には団員にしゃぶしゃぶオゴったろー
の気合も空しく、ま、次回に期待して
浜松のお茶饅頭で辛抱するのじゃ・・。
(試食したのとちゃう・・!あんまりおいしくなかったね

てなわけで、夜行バスで早朝東京に着く。
たぶん10年振りくらいに降りた東京駅は、
馬鹿でかすぎて右も左も上も下もさっぱり分からん
怒涛のはとバスツアーのG様BA-様の群れに戦慄しつつ

掻き分け掻き分けよーやく来たど北千住。
やや!・・こいつはデカ杉!
KIMG0358.jpg

KIMG0359.jpg

引くわ~。バリバリ権威を感じますな。

で、着いた途端お腹痛くなってきて、さっそく芸術センターにてバフン。
ま、マーキングみたいなもんですな。
あ、ちなみにこちらは前の広場の猫。
KIMG0354.jpg

ここにはこんなものも。
KIMG0360.jpg

なんでも芸術センター顕彰委員長の村井敬氏は
かのクロサワの息子さんと親しいそう。
すぐ横には東京芸術大学もあるんだよ。

始まるまで時間潰しに、向かいにあるモスバーガーで
コーヒータイム。
真正面にでかい建物がそびえ立つ。
KIMG0357.jpg

全体に、クウォリティの高い作品が多くって、
英語字幕の付いた作品もちらほら。
先に外国の賞とか出してるんでしょうな。

ただ、価値観というのは様々であって、

私の目には
若い感性と瑞々しい青さと残酷が共存するある作品、
自分には撮れたとしても撮りたくない、
嫌~な映画、しかし上手い!
そんなものを見つけてしまって

これにはかなわん~、一等賞確定だな、と思っていたら
なんとその映画も選から漏れてしまったぞ?
・・・うーん、
そして、こりゃ駄目だろーと思ってた作品に
各賞が当てられるという・・、

久し振りの東京は、
何だか遠い、自分とは別の世界みたいに感じて
なかなか複雑な気持ちになりました。

神戸の風景がより一層
柔らかで美しく見えたのは
PM2.5のせいではないと
思います。




スポンサーサイト

| 劇団残夢・のこんのゆめホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nokonnoyume.blog105.fc2.com/tb.php/619-56f50023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。