スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フランシス ハ」


雪です☃

寒い日がつづきますね。
みなさま体調いかがでしょうか?


さて、先日念願の
‘白黒つけない白黒映画’
「フランシス ハ」を観てきました♪

若干疲れてましたが、
この日ばかりはと
なんとか目を見開いて・・!


白黒映像と、David Bowieのどこかドラマチックで懐かしい音楽と
走る走るフランシス&絶妙な転け方(笑)
リズミカル♪


モダンダンサーの夢を追いかけ
割り切れずあきらめきれず、
27歳という年齢になり
まわりからも浮きはじめ。。

親友ソフィには恋人ができ、同居を解消され、住む場所と収入も失うフランシス。

だんだん離れていくソフィに対する痛いくらい膨らんでいく気持ち。と疎外感を
フランシスの明るさとジタバタ感で展開されてゆく。


そして辿りつけたダンサーを目指すフランシスにはちょっとビターで現実的な答え。


そのときのソフィとの関係は
いつしかフランシスが喋っていた
「こんな2人が理想!」というセリフの通りになっていて、
いいな と思うシーンです


最後に「フランシス ハ」の意味に呆気にとられました(笑)
抜けたくくりが最高です♪
スポンサーサイト

| 劇団残夢・のこんのゆめホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。