スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



はいさーい!
お久しぶりです樋渡あずなです!!

最近のこんの稽古にも行けず毎日もやもやもやもやとしている樋渡ですが…
やっと落ち着いてきたので(笑)
さっそく告知をさせていただきたいと思います。


私、樋渡あずなと、亀石アキヲ、藤田スバルが客演をします。

へるぱぁず&劇団スターダスト日本合同公演
通称『ヘルニチ』







最近はずっとこちらの稽古ですったもんだしております(((((゜゜;)

初の客演、張り切ってまいりますよ!!
チケットのお求めは上記チラシの連絡先か、こちらのblogコメント、また劇団残夢にお問い合わせいただけると幸いです(笑)

久しぶりの舞台となります。
皆様是非お越しくださいませ!!

樋渡でした\\\\ ٩( 'ω' )و ////

ケチャップグビグビおいしいな♪


ketya

そうなんです。うちの看板役者、亀石アキヲは本当にケチャップが大好きなんです。
彼の食べるオムライスのケチャップの量と言ったら尋常ではなく、オムライスの黄色の部分が見えないほどです。
健康に悪いからやめた方がいいと、みんなから再三止められてはいるのですが、決してやめようとしない。亀石先輩。

「ケチャップ飲んで死ねるなら本望だよ」

そう笑って話す姿には、たばこと酒を片手に多くの名作を作り上げてきた巨匠たちの姿が重なります。

本日は、そんな先輩を心配する穂高岬の提供でお送りしました。

明青祭



はいさーい!!
お久しぶりです、樋渡あずなです。
そんな、ネタがなくてずっと黙ってたとかそンなんじゃないんですよええ…\\\\ ٩( 'ω' )و ////

今日は、なんと、今日のイベントの御知らせです。
内容もバタバタ、お稽古もバタバタで告知が遅くなってしまいました、ごめんなさい…

第12回 神戸市青少年会館祭り
明 青 祭
テーマ「仲間 つながる ふれあう わらいあう」
平成26年10月12日(日) 11:30〜16:00(JR三ノ宮花壇広場のみ16:30まで)
主催:青少年会館明青祭実行委員会

〈スタンプラリー〉 12:00〜15:30
(抽選会場は16:00まで)
ポイント会場→ 〈スマイルステージ〉JR三ノ宮駅 花壇前広場→ 〈チャレンジ広場〉雲井公園→〈ホビー広場〉青少年会館ロビー

『劇団残夢(のこんのゆめ)は、 青少年会館5階〈サンキューステージ〉レクホールに出演します 』

時間 14:35〜15:05 演目 川端康成「むすめごころ」 入場無料

お時間ございます方、ぜひふらりと、久しぶりののこんの舞台を見に来てください。

私は今回は舞台には出ないのですが、その代わり明青祭スタッフとしてウロウロしております(笑)
台風前で大変かと思いますが、是非お越しください!
よろしくお願いいたしますv(・∀・*)

樋渡でした☆

映画「松ヶ根乱射事件」に見る新井浩文の強烈な存在感


※注意!この記事には若干のネタばれがあります。

松が根乱射事件

「俳優には存在感が必要だ」。
これは僕の持論だが、このことについては、以前にもブログの中で取り上げたことがある。

では、「存在感」とはなんなのだろうか?

「俳優は魅力的な人間でなくてはならない」

これもよく言われることだが、では「存在感」と「魅力」とはどのように違うのだろうか?その正体は何なのだろうか?


新井浩文さんという俳優がいる。とてもお芝居の上手い俳優であると思うが、同時に強烈な「存在感」を放っている俳優であると思う。今の日本映画界には欠かすことのできない俳優の一人だ。

「松ケ根乱射事件」はその新井浩文さんが主演の作品である。
山下敦弘監督が、とある地方の田舎町で繰り広げられる悲しくも滑稽な人間模様を辛辣かつ温かな眼差しで描き出すダーク・コメディ。

この田舎町の住人はみなちょっとずつおかしい。そのおかしさとは、喜劇的なおかしさではなくて、薄気味悪いおかしさだ。普段人間が隠している水面下の欲望、歪みを反射させたような登場人物たち。 女性の胸や○をまさぐる子供、頼まれればすぐに下着を脱いでしまう娘…
そんな住人たちの中で、まともなのは警察官役の新井浩文だけ。しかし、物語は衝撃のラスト・・・

この作品を見て僕が思った感想は「やっぱりな。」というものだった。

この作品の中で僕は新井浩文さんをずっと追ってしまっていた。別に意識して見ようと思っていたわけではない。僕は別に新井浩文さんを好きというわけではないし・・・
でも新井浩文さんを見てしまっていた。これは新井浩文が「存在感」のある俳優だからだ。ではなぜ僕は新井浩文を追ってしまったのか?

僕の中で、新井浩文という俳優は「信用できない」人間なのだ。

よく映画のキャッチコピーで「衝撃のラスト!」っていうキャッチコピーがあったり、オチが秀逸な映画が評価されたりしている。これはつまり観客と言うものは驚かされたい、裏切られたい!と思っているわけだ。

しかし、その一方で観客は驚かされたくない、裏切られたくないとも思っている、と思うのだ。これは人間の本能的な部分が働いているのだと思う。
サスペンスなんかを見ていても誰が犯人なのかを予想して見ている。これは本能的にそうしてしまっているのだ。

つまり、「信用できない」ものには注視してしまうのである。

新井浩文の出す強烈な存在感。それは彼の醸し出す「信用できない」雰囲気がその正体なのだと思う。

僕にとって新井浩文という俳優は「魅力的な役者」ではないが、「存在感のある役者」であることは間違いない。

穂高 岬

第44回みなとこうべ海上花火大会 カメラ撮影編


2014_hanabi04

こんにちは、ebi☆です。

昨日の台風11号は、神戸の上空を通過していきました。

台風の被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。
まだ、台風シーズンは 終わっていないので、これ以上の被害が出ないことを
祈るばかりです。

先週末に予定されていた、淀川の花火も中止となり、花火好きのebi☆は、残念
でなりません。
先々週に行われた神戸の花火大会も朝から雨が降り続き、開催されるのか?
といった空気に不安な空気がずっと漂っておりましたが、奇跡的に開始直前に
雨がやむという絶好の花火日和となりました。

2014_hanabi01

神戸の花火大会の写真撮影は、ポートアイランドにあるしおさい公園の三脚指定
エリア内でないと撮影出来ません。
そのエリアも、カメラマンが本当に撮りたい写真の構図を狙えるところはホンノ一部です。
しおさい公園から花火を撮るのは、神戸の街と海と花火のコラボレーションです。
花火だけ撮ると思っていらっしゃるのか・・・三脚指定エリアを設定する神戸の職員様
もうすこしカメラマンの意見を聞いてください。


【“第44回みなとこうべ海上花火大会 カメラ撮影編”の続きを読む】

前ページ | 劇団残夢・のこんのゆめホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。